Feature

特徴

双方が利益を享受できる不動産売却へ

片方だけが得をするような不動産売却はフェアではなく、おそらく双方にとって後味の悪い結果を生んでしまうでしょう。そのようなことが決してないよう、不動産売買を仲介するプロとして、売却主様にとって理想的な売却値と買取主様にとって最適な買取価格が、できる限りピッタリと一致するポイントへと田園調布双方を導き、双方が笑顔で満足できる不動産売買をお手伝いいたします。

Feature 01

転勤等多様な事情でマンションを手放す

大切な分譲マンションを田園調布で不動産売却に出すとなると、と相応のやむを得ない理由があることも多々見られます。将来的に住宅ローンを支払っていけるか不安だったり、想定外の転勤や転職が決まったり、離婚が成立したりなど、このようなご事情で分譲物件を売却する必要がある際には、まずは対面・オンラインなど柔軟に対応可能な無料相談で、売却のご要望を伺います。

Feature 02

固定資産税が堪える土地は現金化へ

まっさらな土地で使い道がなく、ただ所有しているだけで維持費がかさんで家計を圧迫してしまう資産を田園調布近隣でお持ちの際は、一度売却することをご検討ください。初期投資をしてアパートやコインパーキングなどでの資産運用ができる場合はともかく、そのような予算がないといった際は現金化して維持費の重圧を手放しつつ、かなり高額な臨時収入を得るのが無難かもしれません。

Feature 03

相続した物件が特定空き家になる前に

誰も住まない住宅が老朽化し、倒壊や窓ガラスの落下などの危険性が高まることを懸念しているのと、誰も住まない住宅が増え続けていることが問題視され「特定空き家」制度が平成28年からスタートしました。そのため、誰も住まない相続物件を放置すると、固定資産税の重税・罰金・強制解体などのペナルティーが発生するリスクもあるため、指定される前に田園調布で現金化してみませんか。

Feature 04

最適な売却の形が多様にある戸建て住宅

おそらく戸建て住宅の売却はそのまま買取主様を募るといった認識の方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。もちろんこれがオーソドックスな方法ながら、住宅を売却するのに最適な形はいくつかあります。例えば老朽化や生活動線が気になる物件は、リフォームしてからの方が高値で売却できたり、老朽化が著しい場合は更地にしてから田園調布で売却したりといった選択肢もございます。

Feature 05

自由が丘等の地域に密着した不動産売却

お客様の大切な物件を不動産売却に出す際には、一概に言い切ることはできないものの、相応の経験や実績があった方がより安心で堅実な売買契約が進む可能性も高まっていくでしょう。そのためにキャリア30年以上の実績を持つ代表が、双方にとって最適な売買契約をサポートするため、田園調布や自由が丘などの地域特有の不動産事情の情報収集を徹底し、地域密着型の仲介を提供いたします。

Related posts

関連ページ