Feature 03

空き家

相続・特定空き家などのトラブル回避に

「遠方にある住宅を相続することになったものの引っ越す予定もなく、現金の相続はないため高額な相続税を払うあてもなく困っている」等、このような相続や空き家などに関連したトラブルを抱えていらっしゃる際には、一度田園調布での売却をご検討ください。万が一住宅ローンがまだ残っていても、その物件の購入時に「団体信用保険」に加入している可能性が高く、その場合は保険でローンが相殺されて無事に売却できるため安心です。

戸建て住宅の相続税支払いのトラブルに

少子高齢化の影響で、最も人口比率が高い団塊世代の方々がバブル時代に購入した住宅を相続親族の方がいらっしゃらず、ある日突然名前も顔も知らない親戚の住宅を相続することになって戸惑うようなケースも出てきています。そのような形で住宅を相続したものの、誰も住む予定がなく空き家となってしまう上に、現金を相続したわけではないため莫大な相続税を支払う資金がなく頭を悩ませてしまうこともあるかもしれません。そのような緊急事態に、田園調布で不動産売却を仲介し、売却益から相続税を無事に支払えるようお手伝いいたします。

誰も住まないと重税や罰金のリスクも

ご両親や親戚の方々から戸建てを相続した際、住宅用地の特例で固定資産税が最大1/6になるからと、そのまま節税対策で放置されるケースが増えていることが、社会問題となっています。そのような誰も住まない老朽化して危険な物件が増えることが懸念され、平成27年の税制改革で「特定空き家」の指定がスタートしました。これに指定されると、住宅用地の固定資産税の優遇がなくなって数倍に重税されたり、50万円以下の罰金が課せられたりする可能性もございます。こうなる前に、田園調布での不動産売却で現金化してしまいませんか。

Access

アクセス

田園調布不動産売却相談センター

住所

〒145-0071

東京都大田区田園調布

電話番号

090-6101-1428

090-6101-1428

営業時間

24時間対応

アクセス

もし住み替えや転職などの理由で大切な資産を売却したいといった際には、まずは無料相談を大田区にあるメインオフィスでお受けいたします。そして万が一日中はお忙しくて相談の時間を取りづらいといった際にも、深夜帯にオンラインの相談にも対応しているためご安心いただけます。

代々木オフィス

住所

〒151-0053

東京都渋谷区代々木

アクセス

メインオフィスや代々木のレンタルオフィスでの対面相談を承りつつ、お客様のご要望に合わせて無料相談を行います。例えば、外出を控えたい方にはオンラインで対応し、仕事が忙しい際には、お客様の仕事場付近のカフェ等で対応するなど、ご事情に合わせて柔軟にお応えいたします。

強制解体の脅威に晒される空き家対策に

相続した物件の老朽化が凄まじく、住宅の倒壊・窓ガラスの落下・ブロック塀の倒壊などによって通行人が大ケガをしてしまうリスクが高い等、このような状況になっている空き家には、強制解体と解体費の強制請求といったペナルティーが発生する可能性があります。そうなってしまう前に、解体費がないからとそのままにしてしまうのではなく、解体してその費用を更地の不動産売却で補填するといった方法を取るのが無難かもしれません。そのための無料相談を、田園調布で随時受け付けております。

Related posts

関連ページ